外科

当院の外科チームは、福島県立医科大学 器官制御外科学講座(旧 第2外科)で研鑽を積んだ外科医で構成されています。そのため所属していた講座(科)の専門と同様に、主に消化器外科、乳腺外科、甲状腺・内分泌外科、一般外科を得意分野としています。
当科の担当医は日本消化器外科学会認定専門医、指導医の資格を有し、胃癌、大腸癌の手術•治療はもとより、より高度の技術を要する肝癌、胆道癌、膵臓癌の手術・治療も専門としています。また早期の胃癌、大腸癌では身体への負担が少ない腹腔鏡下手術も積極的に行っています。
当院は日本乳癌学会関連施設として認定されており、手術のみならず診断も専門分野です。また乳癌検診においてはマンモグラフィーによる診断が重要ですが、当科の担当医は皆、マンモグラフィー読影認定医の資格を有していますので精度の高い診断を提供できると考えています。
甲状腺疾患の診療も専門分野です。甲状腺超音波検査、細胞診検査を踏まえ、適切の手術を実施しています。癌治療では再発の予防や治療も重要で、手術を中心とした集学的治療が必要とされます。当科の担当医は消化器癌、乳癌における抗癌剤を用いた化学療法や緩和医療にも精通しています。年齢、病変の状況により手術が困難な場合、非手術的にしかも低侵襲で治療することも可能です。胆道狭窄に対する胆道ステント、食道狭窄・十二指腸狭窄に対するステント治療、胆管結石症に対するレーザー砕石療法、あるいは肝転移に対する動注療法などのIVR(血管造影、透視、内視鏡を用いた侵襲が少ない非手術的治療法を意味します)も専門としています。
診療にあたってはわかりやすい説明を心がけていますが、疑問や不安があれば遠慮なくおっしゃって下さい。

担当医師紹介

医師名・役職 六角 裕一 (ロッカク ユウイチ) 院長
専門分野 消化器外科(胃、大腸、その他の腹部臓器)、乳腺外科、一般外科
資格 日本外科学会指導医・認定医、日本消化器外科学会認定医、日本医師会認定産業医
医師名・役職 畠山 優一 (ハタケヤマ ユウイチ) 統括診療部長 兼 外科診療部長
専門分野 消化器外科・乳腺外科・内分泌外科・内視鏡外科・IVR
資格 外科専門医、日本外科学会指導医、消化器外科専門医、日本消化器外科学会指導医、
消化器がん外科治療認定医、日本肝胆膵外科学会評議員、福島県肝胆膵疾患研究会世話人、
日本乳癌学会認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、インフェクションコントロールドクター(ICD)

乳がん検診

時間 : 外科外来診療時間内
場所 : 外科外来
乳がん検診
乳がんは、日本女性では比較的少ないとされていましたが、最近では日本でも乳がんの患者さんが急増しています。
市町村あるいは職場単位で行われる集団検診と、病院で保険診療として行われる場合があります。
年に1回は検診をお受けになると共に、月に1回程度の自己検診もお勧めします。

診療実績

平成25年度手術症例【計 148例】 (平成25年4月1日~平成26年3月31日)

 疾患別手術症例数
おもな疾患 例数
甲状腺・内分泌疾患 6
乳腺疾患 13
胃癌 9
結腸・直腸癌 30
原発性肝癌 0
転移性肝癌 0
胆石症 8
胆道癌 1
膵臓癌 2
ヘルニア 43
虫垂炎 7
肛門疾患 3
 麻酔別手術症例数
全身麻酔での手術症例【計 79例】
臓器 疾患 例数 手術内容 例数
1.甲状腺・内分泌 良性甲状腺疾患 4 甲状腺全摘 4
甲状腺癌 2 甲状腺全摘、頚部リンパ節郭清 2
2.乳腺 乳管内乳頭腫 1 選択的乳管腺葉区分切除 1
乳癌 11 乳房部分切除、腋窩郭清 7
乳房全切除、腋窩郭清 4
3.胃十二指腸 胃癌 10 幽門側胃切除 9
胃全摘 1
4.肝臓 0 0
5.胆嚢、胆道 胆嚢結石症、良性胆嚢疾患 6 腹腔鏡下胆嚢摘出術 3
開腹胆嚢摘出術 3
胆嚢胆管結石症 1 胆嚢摘出術、胆管切石術 1
胆管結石症 1 胆管切石術、胆管空腸吻合 1
胆嚢癌疑い 1 肝床切除術 1
6.膵臓 膵癌 1 胃空腸吻合 1
7.小腸 小腸壊死穿孔 1 小腸切除 1
8.結腸 結腸憩室症 1 結腸切除 1
結腸癌 14 結腸切除 13
人工肛門造設 1
結腸癌再発 1 腹腔内リンパ節摘出 1
9.直腸 直腸癌 9 低位前方切除 4
(超低位前方切除、TCP併施) 1
腹会陰式直腸切断術 1
人工肛門造設 1
人工肛門閉鎖 3
10.その他 腸閉塞 7 癒着剥離 3
小腸切除 3
S状結腸切開、便塊摘出 1
成人鼠径ヘルニア 3 メッシュプラグ法 2
小腸切除、Bassini法 1
大腿ヘルニア 3 メッシュプラグ法 2
プラグ除去 1
腹壁瘢痕ヘルニア 1 メッシュプラグ法 1
虫垂炎 2 虫垂切除 1
回盲部切除 1
壊疽性子宮穿孔 1 ドレナージ 1
脊椎麻酔での手術症例【計 49例】
臓器 疾患 例数 手術内容 例数
1.ヘルニア 鼠径ヘルニア 33 メッシュプラグ法 33
大腿ヘルニア 3 メッシュプラグ法 2
小腸切除、ヘルニア門縫縮 1
2.虫垂炎 虫垂炎 5 虫垂切除 5
3.肛門、直腸 直腸癌 3 経肛門的腫瘍切除 2
(低侵襲経肛門的直腸腫瘍切除術) 1
経肛門的吻合部切開 1
直腸脱 2 Gant-Miwa-Thiersch法 2
内痔核 2 結紮切除術 2
局所麻酔での手術症例【計 20例】
臓器 疾患 例数 手術内容 例数
1.表在 皮膚・皮下腫瘤 11 腫瘤摘出術 11
乳腺腫瘤 1 切開生検 1
悪性リンパ腫疑い 1 リンパ節生検 1
2.その他 化学療法等、輸液ライン確保 5 中心静脈ポート造設 5
中心静脈ポート抜去 1
結腸癌 1 人工肛門造設 1
  IVR件数
(IVRとは血管造影、透視、内視鏡を用いた侵襲が少ない非手術的治療法を意味します)
IVR件数【計 20件】
検査・治療法 例数
経皮的気切チューブ留置 1
経皮経肝胆道ドレナージ 9
経皮経肝胆嚢ドレナージ 2
経皮的肝膿瘍ドレナージ 1
経皮経肝胆道鏡治療 1
経皮経肝的狭窄部拡張 1
CF下吻合部拡張 1
胆道ステント留置 2
食道ステント留置 2
十二指腸ステント留置 1
PageTop