看護部のご案内

病院の理念に基づき看護部では次のような理念と目標をあげ、さらにその目標達成に向けて個人目標を設定し、地域に質の良い安心できる 医療提供ができるよう努力しています。

看護部長あいさつ
  kangobucho
皆さまこんにちは。二本松病院および附属介護老人保健施設・訪問看護ステーション・健康管理センターの看護部です。ホームページ・「JCHO二本松病院・看護部」をご覧いただきありがとうございます。また、日ごろJCHOの運営にご理解とご支援を賜り、感謝申し上げます。
今年に入り、予想もしていなかった新型コロナウイルス感染症のパンデミックおよび 緊急事態宣言には、誰しもが大変動揺させられました。悲しくも命を落とされた方々に対し、心からご冥福をお祈りいたします。また、危機的状況におられる皆様には、お見舞いを申し上げますとともに、医療機関職員として最大限の努力でご支援させていただく所存でございます。
                                                                                                                                         
さて、私どもは「地域住民の幸福な生活を支える看護」を看護部の理念とし、福島県北地区医療圏  独立行政法人地域医療機能推進機構
・二本松市とその近郊にお住いの住民皆さま方に必要な看護求められる看護の提供に努めておりま    二本松病院および附属機関
す。健康管理センターでの保健予防活動にはじまり、内科・外科等の診療科病棟における急性期看 看護部長(認定看護管理者)鈴木佐紀護と在宅復帰支援を中心にすえた地域包括ケア病棟での病院看護、および在宅後の皆様をお支えす
る訪問看護を実施いたしております。また、介護老人保健施設での生活支援や看取り看護などにも関わらせていただいております。看護部職員一同、「皆さまの幸せに関わる看護介護の提供」ができることを誇りに研鑽し歩んでまいります。新型コロナウイルス感染症においては、特殊外来でのPCR検査に始まり、感染管理に徹底した看護提供に万進いたしております。引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

当看護部では「働き方改革」の策として、三本柱を掲げ改善に励んでおります。1つ目の柱は「明るく」。明るく働くためには、職員自身が健康で、挨拶から始る良好なコミュニケーションを取り、信頼関係を築いて、辛い時も支えあっていきたいと思います。2つ目の柱は「楽しく」。楽しく働くためには、専門職業人としてモチベーションを上げられるよう、職員一人一人が持てるスキルを活かして、また必要なスキルを上手く獲得して、患者さんが望んでおられる欲求に自信をもって応え、頼られ、信頼されるよう万進したいと考えます。そして3つ目の柱は「働きやすく」。少子高齢化に加え、危機的情勢のつづく現代社会において、ワークライフバランスを取った合理的かつ効率的な業務への改善に取り組んでまいります。

共に歩む同志をいつでも募っております。一緒に働きましょう。連絡お待ちいたしております。

1.看護部理念
地域住民の幸福な生活を支える看護
2.看護目標
看護目標
  1. 安全確認行動に責任を持つ
  2. 倫理綱領に基づいた看護を実践する
  3. 看護の個別性が見える記録をする
  4. 向上心をもち、最新の知識・技術の習得に努力する
3.看護体制
チームナーシング入院基本料・・一般病棟 10:1 看護方式・・・担当ナース制を主体としたチームナーシング
患者様お一人ごとに担当の看護師を決め、その担当看護師をチームが支え看護を提供する方式です。患者様の意思を尊重した看護が展開できるよう、患者様とともに計画を立て支援していきます。
4.勤務体制

3交替制
日勤 準夜 深夜
08:30 ~ 17:30 16:30 ~ 01:30 0:30 ~ 09:30

職員教育 委員会・グループ活動

PageTop