平成27年度 二本松病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
 

【指標1】年齢階級別退院患者数

 ⇒ファイルをダウンロード(tsv形式)
 
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 14 25 34 73 127 272 382 575 272
 
○全体の定義
27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)までに退院された患者さんが対象です。
医療保険を使用された患者さんのみを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等は含めません。
入院後、24時間以内に死亡した患者さん、又は、生後1週間以内に死亡した新生児の患者さん、臓器移植は集計対象外です。
平均年齢は、最初の入院日時点の年齢を基準としています。
患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)で掲載しています。

○解説
当院の一般病棟を退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。
全退院患者数は1,774人で、平均値は74歳、年齢中央値は79歳、年齢階級中央値は70歳台となっております。
60歳以上の割合が85%、70歳以上の割合が69%と高齢者を中心に、高齢化社会に対する地域の医療を担っています。
男女共に、呼吸器疾患、消化器疾患、腎・尿路系疾患の退院患者数が多く、この3疾患で全体の約60%の割合を占めています。

【指標2】診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

 ⇒ファイルをダウンロード(tsv形式)
 
<内科>
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040080x099x0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 処置2なし 105 18.95 14.34 0.00% 79.99
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 89 26.83 21.69 0.00% 85.83
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病なし 67 2.00 2.76 0.00% 64.97
 
○解説
肺炎、誤嚥性肺炎ともに平均年齢が高く、日常生活における自立度が低いことから在院日数も長期となります。
そのため、入院初期段階より患者さんによりよい退院先等を積極的に検討しています。

<外科>
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060160x002xx0x 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 定義副傷病なし 30 6.33 5.14 0.00% 70.10
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 28 34.21 21.69 0.00% 85.43
040080x099x0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 処置2なし 21 18.38 14.34 0.00% 85.48
 
○解説
当院の外科は総合診療科としての側面も併せ持つため、内科に次いで呼吸器系の疾患が多いのも特徴です。
鼠径ヘルニアについては、対前年度症例数+2件、同じく平均在院日数+0.9日と毎年度一定数の症例に対応しています。
また、再入院率は他疾患と同位で最も低い数値となっております。

<整形外科>
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 14 32.79 21.52 7.14% 79.07
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病なし 11 36.00 16.83 0.00% 85.55
07040xxx99xxxx 股関節骨頭壊死,股関節症(変形性を含む) 手術なし 11 21.09 14.35 9.09% 72.64
 
○解説
他の急性期医療機関で治療された患者さんの在宅復帰までのリハビリ継続を目的に当院へ紹介される患者を受け入れております。
そのため、平均在院日数の全国値よりも高い数値を示してますが、確かなリハビリテーションを行うことで退院までをサポートすること
ができます。

<泌尿器科>
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 52 13.96 13.64 1.92% 66.65
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 なし 45 6.78 7.45 0.00% 71.36
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 34 2.03 2.72 0.00% 71.35
 
○解説
県北の二次医療圏内において慢性腎疾患患者を受け入れ、血液透析治療の導入や外来通院においてもスムーズな医療を提供できる体制を
整備し近隣医療機関からの紹介患者を受け入れています。前立腺腫瘍に対する短期検査入院を積極的に実施しており、近隣医療機関から
の紹介患者を受け入れて癌の早期発見にも努めております。
 

【指標3】初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

 ⇒ファイルをダウンロード(tsv形式)
 
初発 再発 病期分類基準
(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 2 第7版
大腸癌 - 13 - 14 11 - 第7版
乳癌 - 10 - - - - 第16版
肺癌 - - - 27 - - 第7版
肝癌 - - - - - - 第5版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
○解説
5大がんについて、集計期間に入院治療を行った、初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者の延べ患者数を示しています。
当院において、がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を
「再発」として集計しています。
がんの病期分類は、がんがどれくらい進行しているのかという病期・進行度を意味し、Stage0からStageIVまであり、StageIVが最も
進行していることになります。
「胃癌」「大腸癌」等健診を受けた後の二次健診で発見された早期癌に対する治療(主に手術)が行われる機会が多く、受健者数の増
加により発見される確率、治療の増加につながっています。
 

【指標4】成人市中肺炎の重症度別患者数等

 ⇒ファイルをダウンロード(tsv形式)
 
患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 18 16.28 80.11
重症度 2 24 14.13 85.33
重症度 3 14 28.43 85.36
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 
○解説
入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエン
ザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(入院後発症の肺炎を除く)の患者さんが対象となります。
日本呼吸器学会、成人市中肺炎診療ガイドライン、肺炎重傷度分類の定義に基づき、入院時の状態から重傷度を決定し、重傷度ごとに患
者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
重症度が高くなるほど平均在院日数が長くなり、平均年齢が高くなっていることがわかります。

【指標5】脳梗塞のICD10別患者数等

 ⇒ファイルをダウンロード(tsv形式)
 
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均
在院日数
平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 50 36.60 80.94 6.18%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 
○解説
「ICD10」とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。WHOによって公表された分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理な
どに活用されます。疾病の種類をアルファベットと数字によって表しています。
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象として、症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
脳梗塞治療では迅速に治療を行うことがその後の患者さんのADL(日常生活動作)に大きな影響を与えます。
 

【指標6】診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

 ⇒ファイルをダウンロード(tsv形式)
 
<内科>
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 67 0.13 1.03 0.00% 65.40
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 32.06 39.00 12.50% 78.81
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
 
○解説
「内視鏡的結腸ポリープ切除術・粘膜切除術(直径2cm未満)」、「〃(直径2cm以上)」とも主に、二次健診からの短期入院管理を
実現し、術後合併症による入院期間の延長や他院への転院等のない安心安全な医療の提供を実現させています。
また、他疾患に比べて幅広い年齢層を対象とし、平均年齢も他疾患よりも低いのが特徴です。病理診断の結果により追加治療の必要性
がある場合には、当院外科や近隣医療機関へ紹介することもあります。
「K664胃瘻造設術」は、急性期疾患や慢性疾患の急性増悪後に経口摂取困難な患者様の低栄養状態への対処として手術が施行されま
す。退院後の在宅医療や附属施設等へ移り、半年毎の定期胃瘻交換も行っております。

<外科>
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 31 1.26 4.55 0.00% 70.35
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 11 7.45 25.73 0.00% 77.09
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
 
○解説
外科の症例数同様、「鼠径ヘルニア手術」件数が最も多く、また、入院期間もほぼ予定された日数で退院しております。
「結腸切除術」については全身麻酔下で手術が行われますが、術後早期よりリハビリテーションを開始することで患者さんのADL維
持・向上につなげており、27年度は全患者さんが自宅へと退院しております。

<泌尿器科>
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 42 1.50 3.10 0.00% 70.67
K610-3 内シャント設置術 16 5.69 20.19 0.00% 69.19
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 15 2.20 10.53 0.00% 73.93
 
○解説
シャントとは、動脈と静脈の血管を結合させ、静脈にたくさんの血液が流れるように手術で直接つなぎあわせたもので、血液透析を行っ
ている患者さまにとっては命綱となるものです。このおかげで十分な量の血液を短時間できれいできるようになります。しかし、長い間
治療により繰り返し使われたシャントは、血栓などで内側が狭窄したり、閉塞したりして、透析が良好に行われなくなってしまうことが
あります。
「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」は、このような透析治療に伴う合併症に対する手術行為で、当院においては術後の適切な管理に
より短期間での症例結果となりました。「内シャント設置術」は、新しくシャントを造ることで十分な血流を確保する手術で、外来患者
や他医療機関からの紹介患者さんを受け入れております。
 

【指標7】その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 ⇒ファイルをダウンロード(tsv形式)
 
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
 
○解説
その他として、敗血症、播種性血管内凝固、真菌感染症、手術・術後の合併症について入院のきっかけとなった傷病(入院契機病名)の
同一性の有無を区別して症例数と発生率を示したものです。
「播種性血管内凝固症候群」とは、本来出血箇所のみで生じるべき血液凝固反応が、様々な基礎疾患が重症化し全身の血管内で無秩序に
起こる症候群のことです。基礎疾患で入院治療中に病状が悪化して発症する場合が多くみられるため、早期診断と早期治療が求められま
す。
「敗血症」とは、肺炎や腎盂腎炎など感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群で
す。背景として 悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病といった基礎疾患がある場合、あるいは未熟児、高齢者、手術後と
いった状態である場合が多いとされています。
「真菌症」とは、カビの一種です。一般に、免疫機能が正常であれば、真菌感染症が体の奥の器官まで広がることはありません。
「手術・処置等の合併症」とは、手術や検査等の後に、それらがもとになり発生する病気であり、手術や検査の際のミスで起きた疾患と
は別のものとなります。手術・処置等の施行には細心の注意を払っておりますが、合併症の発生を0%に押さえることは難しく、上記表
の通りとなっております。起こり得る合併症については、事前に患者様にご説明を差し上げご同意をいただけるよう努めています。
 

【更新履歴】

2016/09/28 新規掲載
PageTop